Loading

SKIP

AMU HAKATA×NICOLAS BUFFE「OTOHIME」

AMU HAKATA×NICOLAS BUFFE「OTOHIME」

2020年9周年を迎えるAMU HAKATAでは、1年を通してアーティストのNicolas Buffe(ニコラ・ビュフ)が手掛ける館内装飾を展開します。
テーマは「OTOHIME」。浦島太郎と乙姫の物語をベースにしたオリジナルストーリーを体感できる仕掛けが盛りだくさん。季節を感じられる1Fエントランスに始まり、物語のストーリーに入り込んだようなショーウィンドウ、全長10mの竜宮城が浮かぶ3F吹き抜けなど、新しいAMU HAKATAにご来館いただき、アートな空間をお楽しみください。

AMU HAKATA×NICOLAS BUFFE

STORY1

STORY1 IMAGE

豊かな海の中に浮かぶ、美しい竜宮城で平和に暮らす海の竜王と乙姫たち。その一方、別の海域では、海洋汚染が原因のプラスチックでできた新しい王国が誕生していた。そこにはゴミとして捨てられた物と希望を失った生き物が混ざり合ったモンスターが集まり、その指導者のプラスチック王が、人間や他の生き物に対して恨みいっぱいの目を向けていた。

ある日、プラスチック王は手下を連れて大群で、竜宮城を手に入れるべく突然の攻撃を始める。海の竜王は捕えられ、間一髪のところで逃げ出した乙姫は亀に変身し、プラスチックモンスターに追われながらも、岸に向かう。そのとき、海辺に近づいたひとりの男の子・タロウに救われるのだった。

STORY2

STORY2 IMAGE

プラスチック王と手下のプラスチックモンスターに襲われた竜宮城。そこで囚われの身となっている海の竜王と家族、竜宮に暮らす人々を救い、竜宮城を取り戻したい乙姫は、タロウとともに冒険の旅に出る。季節ごとに変わる激しい海流に守られた竜宮城に戻るには、まず玉手箱と呼ばれる時空トラベルが可能となる伝説の道具を見つけなければならない。

福岡の地にまつわる昔話によると、海を渡った島にある「いにしえの神殿」に玉手箱が祀られているという。急いで島に向かった乙姫とタロウを捕まえようと、追っ手のプラスチックモンスターが迫る。無事に玉手箱を手に入れた2人は、玉手箱が生み出すワープトンネルを抜けて、夏の福岡の街に時空を超えてたどり着いた。

STORY3

STORY3 IMAGE

玉手箱のワープトンネルをくぐり抜けて、福岡の街にたどり着いた乙姫とタロウ。つかの間、楽しく安堵のひとときが訪れる。これから先どうやって竜宮城を救うかの作戦を考えながら、賑わいをみせる川沿いの屋台へ。博多ラーメンに焼き鳥、博多うどん……。初めて口にする人間界の食べ物の美味しさに箸が止まらない乙姫。

その底なしの食べっぷりに、ただただ驚くタロウだった。晩夏の風を感じながら2人は、タロウの故郷の街を散策する。神社の祭に立ち寄った後、海に落ちる夕日が目の前に広がるとっておきの場所へ。その背後には、いつしかプラスチックモンスターたちが迫ってきていた。追い詰められた2人は、とうとう玉手箱と一緒に捕まってしまう。

STORY4

STORY4 IMAGE

プラスチックモンスターたちに捕まった乙姫とタロウは、プラスチック王の城に連れて行かれる。がらくたに囲まれた玉座に座るプラスチック王の前に引き出された2人は、玉手箱を取り上げられ、城の奥深くにある監獄に閉じ込められた。そこで出会ったのは、同じく囚われの身になっていた、兎の顔と龍の胴体を持つ伝説のいきもの、兎龍だった。

福岡姪浜に伝わるいいつたえ、助けてくれたお坊さんに恩返しをするため龍になった白うさぎの伝説で知られる兎龍は、荒れた海を鎮めて道を切り開く力を持っている。弱っている兎龍に、乙姫の持つ海のパワーをそそぎ、力を合わせて監獄を脱出する。目指すは、モンスターに支配された竜宮城。美しい城を取り戻すために物語はつづく。

CHARACTER

乙姫 OTOHIME

乙姫 OTOHIME IMAGE

乙姫 OTOHIME IMAGE

竜宮城の姫様。人間の世界をあまり知らないので、いろいろなものが目新しく、不思議そうに見る。海の中では亀に変身でき、その魔法を使うとき、赤い魚の群れが現れる。

個性:強固な意思、勇気ある行動、衝動的で思いつきで決断する、短気、ときどき反抗期。
目的:竜王と竜宮城を救う、将来立派な女王になるため父に自分の能力を証明したい。

乙姫 OTOHIME IMAGE

タロウ TARO

タロウ TARO IMAGE

タロウ TARO IMAGE

大学院で生物学を専攻し、海の生き物を研究している男の子。地球の汚染問題やリサイクルに関心が高く、海の生き物を救うNPO活動にも参加している。海辺での散歩が日課。

個性:落ち着いた性格で集中力がある、少し内気、人間よりも動物との関わり方が得意。
目的:乙姫を献身的に手伝う、内気なのでなかなか言えないが乙姫を愛している。

タロウ TARO IMAGE

海の竜王

海の竜王 IMAGE

海の竜王 IMAGE

はるか昔から海を治める強い王。竜宮城で娘の乙姫たちと暮らし、数々の問題を解決してきた。ただあまりに力を持ち過ぎていたため、目前に迫る危険に気づけず、城を奪われた。

個性:頼りがいがあり尊敬されている、自分に自信がある、時にはそれが過信に繋がることも。
目的:自分の王国をこれまで通り平和に統治していく、後継者としての乙姫を育てたい。

海の竜王 IMAGE

プラスチック王

プラスチック王 IMAGE

プラスチック王 IMAGE

人間が捨てた物と深海の生き物が組み合わさって生まれたモンスターの王。他の生き物たちに受け入れてもらうことを諦め、恨みの感情から、暴力と支配の道を選んでしまう。

個性:怒りっぽい、命令口調、独裁者、がらくたでも宝石でも物を集めるのが大好き。
目的:竜宮城や玉手箱を手に入れて海を支配する、その先は人間の世界にも攻めていきたい。

プラスチック王 IMAGE

プラスチックモンスター

プラスチックモンスター IMAGE

プラスチックモンスター IMAGE

汚染物質と深海生物が融合して生まれてきた生き物。プラスチック王の手下として、ボスの言うことに従順だが、怖い外見と違って中身は純粋な心を持つ、実は優しいモンスター。

個性:怖い姿VS心優しさ、いろんな違う物からできているので体の形やサイズがバラバラ。
目的:友だちを作る、アイスクリームを食べる。

プラスチックモンスター IMAGE

兎龍

兎龍 IMAGE

兎龍 IMAGE

福岡姪浜に伝わるいいつたえ、助けてくれたお坊さんに恩返しをするため龍になった白うさぎの逸話で知られる伝説のいきもの。
荒れた海を鎮めて道を切り開く力を持っている。

個性:柔らかい体で素早い移動ができる。遊び心、無邪気な心を持つ。罠に落ちやすい。
目的:プラスチック王の城から逃げて自由になる。助け合った乙姫をこれからもサポートしたい。

兎龍 IMAGE

PROFILE

Nicolas Buffeニコラ・ビュフ

Photo by Imagen Subliminal (Miguel de Guzman + Rocio Romero), 2018

Nicolas Buffeニコラ・ビュフ

現代美術家。1978年フランス・パリ生まれ。パリ国立高等美術学校卒業、2007年以降東京に拠点を移す。2014年 東京芸術大学博士課程取得。1980~90年代のフランスで、アニメ、特撮、漫画、 ビデオゲームなど、日本のポップカルチャーに親しむ。「狂えるオルランド」 「ポリフィルス狂恋夢」などのヨーロッパの古典文学から、「宇宙刑事ギャバン」 「ゼルダの伝説」まで、幅広い学識を持ち、アートとサブカルチャーを融合させた、 独特の作風を確立。ファッション、オペラのアートディレクション、ショップの ディスプレイなど、美術以外での活動も多い。2014年、原美術館にて個展「ポリ フィーロの夢」を開催。2018年、デザインを手がけたビル「Museum Garage」が マイアミ・デザイン地区でオープンした。2019年、フランス文化勲章を受章。

Photo by Imagen Subliminal
(Miguel de Guzman + Rocio Romero), 2018

https://nicolasbuffe.com