ショップ


AMU 1F / 生活雑貨

東急ハンズ

「買うモノ」を、決めて行っても、「他のモノ」に手が伸びる。「欲しいモノ」が、無いときに行っても、「欲しいモノ」が手に入る。豊富な「品揃え」によって、お客さまの「きっかけ」や「ヒント」を、いつもご提案します。

営業時間
月-土 10:00~21:00/日祝 10:00~20:00※記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗へご確認下さい。
電話番号
092-481-3109
取扱い商品
生活雑貨
公式サイト
http://hakata.tokyu-hands.co.jp/

2020/12/25

ガントチャートはメモ欄が大事である

みなさんこんにちは(꒪˙꒳˙꒪ )博多店5階 文具好きの北村です。
好きな手帳の話をまたしたい!!!
ドーン✧ ( °∀° )/ ✧
こんな想いが溢れておりますので
今回もやっぱり手帳の話
〘プロジェクトをガントチャートで管理するときはラコニックの手帳が使いやすい〙
いろんなガントチャートがありますが、メモ欄がガントチャートの同じページにあるという事が、
プロジェクトのタスクを落とし込む際に便利なんです。
順を追って見ていきましょう(・∀・)
そもそもガントチャートとは?
ヘンリー・ガントさんが考えたフォーマットで、手帳の種類です

このように小さなマスがズラーと並んでいて、
「このタスクは何日に必要だから、何日前から〇〇をやって...」
など作業の工程が順番で記入しやすいという特徴があります。

頭から思いついた順にタスクを書き込んでいってはいけません!
なぜなら、あとからタスクの抜けや漏れが発生した時、
全てをずらして書き直す手間がかかるからです。
また漏れや抜けに気が付かない場合もあるかもしれません。
まず、やるべきタスクを順番に書き出しましょう。
締切から逆算してタスクを書き出すもよし、
いったん思いつくままに書き出して順番を付けるもよし、
このタスクを【漏れなく抜けなく書き出す】というひと手間を先にすることがとても重要です。

このメモ欄つきラコニックはそれが出来ます。

みなさまもご自身にあったガントチャートをぜひ見つけてくださいね。