クレアプランニング「VIVISTOP HAKATAシンボルづくり」

  • 2020.02.14

CREAR PLANNING CORPORATION “MAKING SYMBOL OF VIVISTOP HAKATA”

VIVISTOP HAKATAは自分たちで活動をつくっていく場所です。設計を担当するクレアプランニング株式会社と実際に活動する子どもたちで一緒にこの空間をつくっていきます。

CREAR Planning Corporation which designed VIVISTOP HAKATA and children create the space together.

VIVISTOP HAKATAのまんなかにある大きな柱は活動のシンボルになります。ここでの活動をイメージしながら、みんなでアイデアを形にしていきます。

At this time, they created the symbol of VIVISTOP HAKATA which is the pillar located in the center of space imaging activity here.

【2019年12月21日】

December 21th, 2019

まずはクレアプランニングの設計者ナカナカさんから、VIVISTOP HAKATAの設計コンセプトを聞きます。コンセプトは「可変性」、このシンボルもみんなのアイデアで自由に変えられるような下地から始めます。

Firstly, children learned the concept of VIVISTOP HAKATA from the designer Nakanaka. The concept of VIVISTOP HAKATA is “Variability”.
They started to work on the base of symbol with their variable ideas.

3チームで実物の1/5の模型を組み立てながらアイデアを膨らませていきます。

They were divided into 3 teams, and expanded on an idea assembling 1/5 scale model of the symbol.

「楽しく遊べる仕組みがあるといいね。遊べる階段やトンネルをつくって試してみよう。」

“It would be nice if it has playable structure. Let’s have stairs and tunnels.”

「活動に使ういろんな道具を収納するような機能があって、便利で役に立つ柱になるといいな。」

“It would be useful if it can be stored any tools.”

「上には枝、下にはベンチをつけて、アイデアの実がなる木にしよう!ライトの光がパネルを通って木漏れ日みたいに見えるといいね。」

“Let’s make this symbol as a tree with a lot of ideas. So, we need to attach branch at the top, and bench at the bottom. It would be nice if the light shines this space.”

各チームから「遊び」「機能・便利」「アイデアの実がなる森」というアイデアが出てきました。次回は、みんなからのたくさんのアイデアを柱のデザインをどう取り入れるか、 設計者ナカナカさん が考えてきます。

The teams presented the ideas “Playable”, “Useful” and “The tree with a lot of ideas”.
At the next time, the designer Nakanaka will consider how to adopt their ideas to the design of pillar.

【2020年1月12日】

January 12th, 2020

前回みんなからのたくさんのアイデアを設計者ナカナカさんが考えてきました。設計者ナカナカさんがイメージしたデザインは「ツリーハウス」。

The designer Nakanaka presented his design.
His concept of the symbol’s design was “Tree House”

ナカナカさんが3つのグループのアイデアをまとめた模型を囲んでみんなで改めて話し合いました。

Nakanaka with children discussed again about design gathering around 1/5 scale model of symbol.

遊べる部分や便利な部分、森のように枝や木漏れ日も入っています。もっと良いシンボルにするために、思いついたアイデアもどんどん追加。

The design had the part of “Playable”, “Useful” and branch and branch. They added more ideas to the symbol to make it better.

柱として安全であることや、使いやすいこと、建物のきまりを守ることなど気をつけることもたくさんあります。紙に書いて話し合ったり、ナカナカさんにアドバイスをもらったりして、納得できるシンボルを考えていきます。

There are many things to consider designing the pillar such as safety, convenience and the rules of architecture.
Children worked on the design of symbol getting advice from Nakanaka.

次回は、実際の施工現場に入って、みんなで柱のシンボルを完成させます!

At the next time, they will bring the symbol to completion at the construction site!

【2020年2月23日】

February 23rd, 2020

今回は、VIVISTOP HAKATAの施工現場での活動です。これまで模型と図面だけで話し合ってきたので、実際の空間を見るとイメージも具体的になります。

At this time, the place children worked was construction site. The image of symbol became clearly when they saw the real space of VIVISTOP HAKATA.

まずは3つの要素を取り入れたパーツを 取り付けます。

Firstly, they attached the parts of “Playable”, “Useful” and “The tree with a lot of ideas”.

木漏れ日
もくもくした形のパーツを柱の上の方に重ねて付けて、憩いの場となるような木漏れ日を表現しました。

KOMOREBI
They attached the parts looks like the green of tree at the top pf pillar to express the shine between branches.

葉っぱの棚
パーツを組み合わせて機能・便利を考えました。横から見ると葉っぱの形が見える本棚になりました。

SHELF OF LEAVES
They attached the parts to create book shelf which looks like leaves.

転がるボールの道
雨どいで作ったレールをつたって、ボールが柱の周りを一周する遊び心満載の仕組みです。

BALL ROLLING ROAD
There is playable structure. The ball rolls around the pillar with gutter.

作業をしながら、椅子や柱の周りをつくっていようアイデアも広がりました。

The ideas of chairs expanded working on the symbol.

なかよし椅子
2人同時に座ってお互いが背もたれになります。

FRIENDLY CHAIR
Best friends can sit back to back with this chair.

足が楽な椅子
フットレストが付いていて機能的。

FOOT FRIENDLY CHAIR
It has nice foot rest.

今後この柱はいろいろな形に生まれ変わっていきます。その最初の形として、とてもステキなものになりました。

This pillar would be variable. Children created good first step!

- クレアプランニングに関連するプロジェクト

関連記事はまだありません。